シカゴ

日経225というのは日本とシカゴとシンガポールの三つの場所で取引が実施されているのです。

この三つは時差があるのですから、ほとんど考えてみれば1日中取引が実施されているということになります。

値段の幅も大きいであるのですし、取引する高さや流動性の高い品物、人気がある先物取引として注目を集めているのです。

シカゴ日経225の値段は日経225の取引に大変大きく影響が出るとされてます。

シカゴ先物市場は、こちらの取引時間と違っているのですから、次の日の日経平均、日経225の動きをチェックするときには大変便利で参考になるとして投資家たちからは注目を集めているです。

なぜ日経225とシカゴ先物が関係があるのかというと、前の日のシカゴ日経平均の終値によせるような動きを日経225がすることが多々あるといわれていることから、シカゴ日経先物の情報についてチェックしておけば、日経225の動きがわかることになると感じます。

シカゴの取引時間というと、午後5時から翌朝の6時15分までと日本の取引時間と大きくずれているので、参考にして日経225取引をすることが出来るという特徴があるのです。

シカゴは、日経225以外にもナスダックなどの先物なども取り扱っているのであるのですが、これはアメリカの市場に大変影響力があるといわれていて、日経225にも大変影響を与えているのです。
posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ