とは

日経225とは、ニュースや経済情報などで、株の上がり下がりを表現する際に利用されるのが日経225です。


日経225とは日本の東京証券取引所の一部上場会社の中から、日本の経済への影響力が強いと考えられている企業の225社の平均の株価を指数にしたもののことを言います。


株価指数のことが日経225です。


他にも指数と言えば、TOPIXなどもありますが、この場合は日経225との違いとしては、東京証券取引所第1部に上場している全部の銘柄についての平均株価指数のことについて言います。


日経225の株価の指数と言うのは、日本経済新聞と、アメリカのダウジョーンズの両方の会社の名前から、日経ダウ平均と言う名前で呼ばれていたのですが、今は、日経平均株価という呼ばれ方をしています。


日経225の225と言う会社はどのようにして選ばれているのかと言うと、定期的に、見直しは実施されています。


銘柄の見直しの際には、入れ替わりも随時行われています。


今はIT関連の銘柄などが参入していて、それらの銘柄は値の動きがかなり激しいことでも知られていますから、TOPIXはIT関連の株価の影響がかなり受けてしまうという特徴があります。


日経225は、ある基準を設置して、その基準に対する日々の株価の動きに関連して、日経225の指数が上がったり下がったりします。


指数と言うのは、季連続性を持っています。


日経225には先物取引もあります。


こちらは、まだ値段が決まっていない将来の日経225の株価指数で取引をするという投資で、大阪証券取引所に上場しているのです。

posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日経225