ミニ

日経225ミニとは、先物取引の種類の一つです。


先物取引と言うのは、ある商品を満期日に今の時点で決めた値段で取引をすることを言います。


今の時点ではなくて先のものに対して取引をすることから、先物取引と言う名前が付けられています。


日経225ミニでは、日経平均株価の指数を元にして売買をしていきますが、日経平均が15000円だった場合には、日経平均を満期の日に15000円で買う予約を入れます。


この満期の日に日経平均が16000円に値上がりしていれば、予約しておいた分で1000円の利益を上げることが可能です。


しかし満期の日に日経平均が14000円と言う値段で終了した場合には1000円損をするという計算になるわけです。


先物取引での利益と損害の出方はこのようになっているのですが、日経225ミニの場合には最低取引単位1枚は日経平均株価指数の100倍の単位と言うことになっているので、日経平均が1000円上がれば、普通は1000円の利益ですが、日経225ミニの場合には1000円の100倍なので、10万円利益を出すことができるということになります。


逆に言ってみれば、たった1000円価値が下がっただけでも、100,000円もの損をしてしまうというのが、日経225ミニの特徴です。


100倍の資金が必要であると思っている人もいるかもしれませんが、日経225ミニでは先物取引に必要なのは、日経平均が15000円程度だった場合には、100,000円ほどの証拠金でも取引可能と言うことになります。


簡単に言ってみれば、100,000円で150万円の売買ができることです。


少ない資金で大きな利益をあげられる半面、大きなリスクもあるのが日経225ミニの特徴です。

posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日経225