税金

日経225の税金についてですが、利益が発生した場合には、その利益に税金がかかることになります。


税金がかかるということは確定申告が必要になるということになります。


どのように日経225では税金がかかってくるのかと言うと、投資で得た利益の場合には会社で給与をもらっているのとは別になるので、給与所得者の場合には、確定申告をしなければいけないことになっています。


どれくらいの税金が、日経225で得た利益にかかってくるのかと言うと、税率は一律で20%と言うことになっています。


所得税が15%と地方税が5%と言う内訳になっています。


日経225で利益が出た場合以外にも、損害が出た場合も確定申告をすることになりますが、その理由は損害で繰越控除が受けられるからです。


損害が出てしまった場合には控除される対象になります。


1年間の日経225の損害額の中で、その年に控除し切れなかった場合には、それ以後の3年間に繰り越し控除が可能になっています。


繰り越し控除を受ける場合には損害の金額が描かれている明細書が必要なので用意しておきましょう。


日経225利益に税金がかかることは言ってみれば、実際に利益が出た場合でも本当は税金を差し引いた20%少ない額が実際の利益であるということになります。


10万円の利益が出た場合も、実際には10万円の20%の2万円が税金と言うことになりますから、8万円の利益であるということになります。


取引をして利益が出ても損害が出ても税金の確定申告が必要です。

posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日経225