予想

日経225では将来を予測して取引をスタートさせなければいけません。


先物取引と言うのは、将来的なことを予測して、未来の売買を約束する投資の方法と言うことになります。


簡単に言ってみれば、いつの将来なのか、それは満期日を示しています。


満期日の先物を今の時点の株価で買ったり、売ったりする約束をするという取引です。


約束をした日から、満期日の前の日までは、いつでも株式と同じように、転売をすることも可能ですし、買い戻しをすることも可能になります。


売り注文を出しても、買い注文を出してもいいということですね。


日経225の予想の仕方としては、将来的に株の値段が上がると思った物があったとします。


これに対して、17000円で買うとします。


満期日までに2万円くらいまでに上がると予想して買ったわけです。


そして満期日に、予想通り17000円以上になったら転売をして、利益を手に入れます。


逆に予想よりも下がってしまった場合、17000円で買った株式が、上がると予想していたのに、15000円に下がってしまった場合には2000円も損をしたことになります。


この予想が難しいのですが、日経225の先物について、しっかりと予想を立てられるようになるまでには、初心者の場合、しばらく時間がかかると思います。


株の動きについてもしっかりと見ていく必要があります。


自分で予想を立てられない場合には、自動売買ツールなどを利用したりしながら、予想して取引を行います。

posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日経225
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31112669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック