証拠金

日経225の証拠金というのは取引を始めるにあたって、必ず必要な物になってきますから、覚えておかなくてはいけません。

日経225の取引では、必要証拠金をまずは証券会社に入れなくてはいけないことになっているのです。

日経225の証拠金というのは、取引所が決めている証拠金価格よりも高い値段で証券会社が決めてもいいことになっているお金であるのです。

証券会社は一定の基準をみたせば証拠金を決めることが出来ます。

証券会社は、日経225の投資をしている人の日経225の取引の売買注文を、証券取引所の間に入って、手数料を投資家達からもらうのです。

そして、証券会社は、売買の決算が行われるまで、しっかりと間に入らなくてはいけないことになっているのです。

なぜ証拠金というのが必要なのかというと、証券会社は、投資家からあらかじめ証拠金を受け取っておくことで、利益や損がおきたときに決済の覆行を確保するのです。

では具体的に日経225の証拠金というのはどうやって決まるのだと感じますか?

証拠金を決めるときには、ベンチマークはSPAN証拠金の採用が関連しているのです。

このSPAN証拠金というのは、2000年から大阪と東京の証券取引所ではじまった、先物オプション証拠金制度の事をいうのです。

これによって日経225の証拠金は決まります。
posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 証拠金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27349215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック