入れ替え

日経225の入れ替えという言葉をよく耳にすると感じますが、この意味は、日経225の225の銘柄というのは、年に少しずつではあるのですが、入れ替えが行われているのです。

これが日経225の入れ替えと呼ばれるものであるのです。

日経225の入れ替えでは、流動性があまりないという銘柄を流動性の高い銘柄に変えて、市場の動きを活発にさせようという目的でおこなわれているのです。

毎年10月1日に日経225の入れ替えは行われているのですが、そのた、突発的に銘柄が例えばなくなるとか、何らかのトラブルが生じたときには突然入れ替えが行われるということもあるのです。

日経225の入れ替えの時に銘柄にはいると、その銘柄の株の価値というのはすぐに上がってしまうのですし、逆に日経225の入れ替えで銘柄から外された株というのは価値が一度に下がってしまうのです。

であるのですから、日経225取引をしているトレーダーたちや株取引をしている人たちにとっては日経225の入れ替えの銘柄のチェンジは大変重要な情報ということですね。

では日経225の入れ替えの条件はどうやって決められているのかというと、流動性をいちばんに考えているのであるのですが、過去5年の売り上げなどを考えて計算が行われているのです。

高流動性銘柄群というものがあるのですが、その450銘柄の中から225銘柄が決まっているのです。
posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入れ替え
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27207248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック