採用銘柄

日経225の採用銘柄についてであるのですが、日経225の採用銘柄というのは今ある225の銘柄をもとにして、選定基準があるのですから、それによって外したり、補充する銘柄を選ぶという方法で日経225の採用銘柄が決まります。

外されたり補充される銘柄というのは、市場で流動性のある産業分類の間でバランスなどを見ながら考えて決められているのです。

日経225の採用銘柄というのは、基本的には年に1回、10月の第1営業日に決めて見直しているのですが、そのた会社が合併したり、倒産したりした時には、それに応じて銘柄を補充するということも行っているのです。

日経225の採用銘柄は必ずしも銘柄入れ替えがあるとは限りません。

時によって定期見直しで色々と考えて、日経225の採用銘柄は全く入れ替えがないこともあるのです。

日経225の採用銘柄というのは外人が売買をするときの指標としても考えられているのです。

であるのですから日経225というのは実は海外投資家からの操作がやりやすいとも言われているのです。

日経225の採用銘柄は常に225の銘柄にキープされているわけであるのですが、倒産があったり、その他色々と何かトラブブルなどがあった時には、一時的に日系225の採用銘柄の数が減るということはあるとされてます。
posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 採用銘柄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26787608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック