チャート

日経225のチャートの見方はこれから日経225で株取引をしようと思っている人にとっては必ず知っておく必要があると感じます。

日経225のチャートはいくつか見方があるのです。

まず一つ目は基本的な移動平均線と呼ばれるものであるのですが、移動平均線は一定の期間の間隔を決めて、その感覚の中で平均の値を連続して計算して、全体的にどのような動きをしているのかということを見るものであるのです。

日経225の上昇トレンドの時には、移動平均の相場が割らない時にはずっと上がるとされてますし、下降トレンドの時は移動平均を相場が超えなければ下げ基調が続くということがわかります。

そのた日経225のチャートには相対力指数があるのです。

これは数日の間に買われれすぎたり、売られ過ぎたりしているかどうかというものを指数で表しているチャートのことをいうのです。

そのたディレクショナルムーブメント、トレーディングメソッド、順位相関係数、ボリンジャーバンドといたようなチャーとがあるのです。

日経225のチャートを確認するときには色々とチャートの動きがあるのですから確認したうえで取引をしなければいけません。

日経225初心者にとってはまずはチャートをよく見るということから始めるのが重要であるのです。
posted by 日経225のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26316671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック